ページトップへ

ソーシャルメディアコンサルティング事例

UNIQUE VISION 企業と消費者をつなぐ

ソーシャルメディアコンサルティング事例

ソーシャルメディアマーケティング戦略立案+運用支援

実施
内容

ソーシャルメディア(主にTwitter, Facebook)を活用したマーケティング戦略を立案した。
最初の1ヶ月で目的、コンテンツ、体制、トラブル防止策などの方向性を決め、運用を開始した。
その後の3ヶ月で効果測定、方向性の修正をしながら施策を実行した。

効果

Twitterの各アカウントの活性度が向上し、顧客とのコミュニケーション量が徐々に増えた。
Facebookのファンが増え、ファンからの反応が多く得られるようになった。
また、その結果、Twitterからの情報発信に反応するフォロワーが多くなり、自社サイトに誘導できるようになって来た。
目に見える効果測定が出来たことで担当者がやりがいを持って業務に取り組めるようになった。

詳細は
こちら
Facebook、Twitter等のソーシャルメディア活用・運用コンサルティング

Facebookページ開設+運用支援

実施
内容

Facebookページを開設する上で、その目的を明確化し、運用方針・運用体制を確立した。 Facebookページの立ち上げまで、1ヶ月をかけて、方針を固め、コンテンツを制作し、その後、3ヶ月間の運用支援をした。 コンテンツは、社内にあるノウハウを事前に収集し、どんなコンテンツをどのくらいの比率で、どんなタイミングで投稿して行くかを計画した。 Facebookページには、弊社で開発しているアプリケーションを組み込むことで、コンテンツを充実させた。 また、目的に合った効果測定指標を事前に設定した。

効果

1ヶ月で、コンテンツの充実したFacebookページが立ち上がった。 また、コンテンツなどの投稿内容も事前に計画していたため、途切れることなく、また一度にたくさん投稿されることもなく、適切に運用されている。 効果測定指標を明確にし、定期的にそれを見られるようにしていることで、ユーザーからの反応を感じることができ、次の運用の工夫につながっている。

詳細は
こちら
Facebook、Twitter等のソーシャルメディア活用・運用コンサルティング

ソーシャルメディア効果測定

実施
内容

既に運用しているTwitterアカウントや、Facebookページの内部での盛り上がりの指標を設定した。 効果測定指標には、TwitterアカウントやFacebookページの盛り上がりに関するものだけではなく、各ソーシャルメディアから自社サイトへの流入、その後のコンバージョンなどの指標も設定し、実質的な効果も考慮に入れた。 また、設定数値そのものにも継続的に改善を加え、各指標から得られる洞察に対する理解を深めた。

効果

効果測定をすることで、実施した内容のフィードバックを得られるようになった。 何をすると効果が高く、何をするとユーザーからの反応が得られないのかが分かるようになった。 これによって、ユーザーの反応が明確に分かるようになり、運営メンバーのモチベーションが上がり、積極的にユーザーと会話をできるようになった。 顧客との会話が盛り上がることで、こちらから発信する情報に興味を持ってもらい、高い反応が得られるようになった。

詳細は
こちら
Facebook、Twitter等のソーシャルメディア活用・運用コンサルティング

ソーシャルメディアポリシー策定

実施
内容

全社で、ソーシャルメディアを利用する上でソーシャルメディアを利用する目的、社内のメンバーが活用するための方針をまとめた。 炎上を導かないための注意点の徹底、炎上が発生したときの対応、連絡体制などを決めた。 また、社内でこれらの方針を徹底するために、研修を行なった。

効果

緊急時の体制、対応方法などを事前に検討しておくことで、運用チームが積極的にソーシャルメディアで活動できるようになった。 また、社員に対しても、ソーシャルメディアでやってはいけないことを明確にしておくことで、利用基準が明確になり、積極的にソーシャルメディアを活用できるようになった。

詳細は
こちら
Facebook、Twitter等のソーシャルメディア活用・運用コンサルティング

ソーシャルアプリの事業計画作成

実施
内容

アプリケーションの案を基に、企画化し、事業計画を作成し、顧客社内でのプレゼンテーションまでを事業内容検討から資料作成まで支援した。

効果

社内で計画が認可され、実際にアプリケーションの開発まで実行された。

詳細は
こちら
Facebook、Twitter等のソーシャルメディア活用・運用コンサルティング

PC版スマホ版