ページトップへ

iPhone、Androidのアプリ開発会社に委託するならユニークビジョン

UNIQUE VISION 企業と消費者をつなぐ

スマートフォン(スマホ)アプリ開発コラム

スマートフォン(スマホ)アプリ開発コラムトップへ

タブレットこそ超高齢化社会の救世主? シニア×タブレットのメリットとは

日本は深刻な高齢化社会に悩まされていますが、おじいちゃん・おばあちゃんが元気な社会と言うのも悪くないような気はしますよね。そんな増え続けている高齢者にも、IT社会の波が押し寄せております。20代をピークにして、スマホ・タブレットの普及率そのものは年齢層が上がるに連れて右肩下がりになっているものの、高齢者層での普及率は年々高まってきています。

高齢者層がスマホ・タブレットを使うメリット

アプリやサービスは基本的にメインユーザーとなる10代後半~30代くらいの世代を想定して作られており、高齢者層向けの企画というものはまだまだ少ないかもしれません。高齢者層によりメリットを感じてもらえるようなサービスが今後登場すれば、積極的に乗り換えることも検討してくれるかもしれません。

1.コミュニケーションツールとして

おじいちゃん、おばあちゃんが喜ぶのは孫の顔が見れたとき。普段は遠方に住んでいてなかなか会えないときなどは、SNSツールを使って交流することができます。もしかしたら若干ハードルは高いかもしれませんが、基本設定させ乗り越えてしまえば、孫の顔見たさに張り切って覚えてくれるでしょう。

2.医療や健康管理のために

高齢者でなくとも健康管理には気を使いたいところではありますが、特に高齢者ともなれば、そのニーズが高まっていることでしょう。近隣病院の検索や、そこの先生の出勤状況、もらった薬の効能や副作用などが簡単に検索できるような医療の統合アプリなどがあれば、喜んでスマホ・タブレットを利用してくれると思います。

3.ネットショッピング

ネットショッピングと言っても、若者のように洋服や家電を買うだけでなく生活必需品の買い物が中心になることが予想されます。足腰が悪くなってくると買い物に出かけるだけでも大変ですし、重たいお米などは持って帰るのも一苦労です。

4.本を読むために

スマホではやや難しいですが、タブレット端末では本も読めます。通常の紙媒体ですと、細かい文字を拡大することもできませんし、ちょっと遠出したときに何冊も本を持ち歩くと重たいです。タブレットであれば、細かい文字は大きくできるし、タブレット一つで何冊も持ち歩くことができます。読書好きな高齢者層にはオススメの使い方ですね。

5.地域情報の配信

地方自治体のホームページはだれでも使いやすいように設計されていうとは思いますが、情報量が多すぎて絞り込めないことがあるのも事実です。緊急性の高い情報や、高齢者層に必要な情報を絞って配信できるアプリがあれば、そこを見るだけ済みますので、利便性の高いアプリとして重宝しそうです。

まとめ

実際のところ、さらなる普及のためにはサポート体制がまだ不完全なのかもしれません。何しろ新しいものは難しいと思っているおじいちゃん、おばあちゃんは非常に多いですから、そこを噛み砕いて便利だなと思ってもらうためには、家族のサポートも欠かせませんし、それを理解してサービスを提供してあげる地方自治体や医療機関などの存在も必要となってきます。

どんな世代であっても、その世代にあったサービスやアプリ、サポート体制を整えていくことが、今後のスマホ・タブレット時代の鍵を握っているのかもしれませんね。


お急ぎのアプリ開発でも対応いたします。まずはお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)

おすすめ記事

お急ぎのアプリ開発でも対応いたします。まずはお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)

開発の流れ

アプリ開発の目的共有、スケジュール、コスト感の合意

アプリ開発の目的共有、スケジュール、コスト感の合意

お客様の現状課題やご要望をヒアリングし、開発の目的を共有いたします。その上でスケジュールや費用のお見積りをして、プロジェクト開始となります。

アプリの要件定義、基本設計

アプリの要件定義、基本設計

アプリの基本的な設計を行います。サーバの有無など必要なハードウェア構成など全体の大枠も決定されます。また、アプリに対してもだいたいの画面数など構成の概要を決定していきます。

UI/UX、デザイン、画面設計

UI/UX、デザイン、画面設計

基本設計で決定された画面に詳細な動作やレイアウトなどを設計します。ボタンタップ時やフリック時などの入力に対する動作や表示項目などはこのフェーズで決定されます。アニメーション効果なども含めてユーザが画面から得る情報の全てはこのフェーズで決定されます。

詳細設計と開発

詳細設計と開発

基本設計やUI/UX、デザインに基づき詳細設計と開発を開始します。サーバサイドとの連携手順やデータベース設計などもこのフェーズに含まれますので、案件によっては様々な技術者が招集され実際の開発が進んで行きます。

テスト/デバッグ

テスト/デバッグ

要件定義、基本設計や詳細設計などで定義されたご要望の内容が正しく実装されているかを、試験仕様書に基づいて実施いたします。バグが存在すれば修正し、品質がリリース基準を満たすまでデバッグを行います。

アプリ審査/リリース

アプリ審査/リリース

テスト完了後、お客様のリリース承認をいただきましたら、アプリ審査申請を代行いたします。申請の際に必要な入力項目についても、弊社で対応いたします。申請後、アプリがストアで公開されるまで責任を持って対応いたします。

運用開始

運用開始

リリース後もバグ修正やOSバージョンアップなどによるアプリ修正などを対応します。なお、保守方法はご契約時に合意した内容に準じます。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)
PC版スマホ版