ページトップへ

iPhone、Androidのアプリ開発会社に委託するならユニークビジョン

UNIQUE VISION 企業と消費者をつなぐ

スマートフォン(スマホ)アプリ開発コラム

スマートフォン(スマホ)アプリ開発コラムトップへ

知っているようで知らない知っておくべきAR(拡張現実)の基礎知識

「AR」という言葉を聞いたことはありますでしょうか。 「Augmented Realty」の略で日本語では「拡張現実」と訳されています。現実に何かを拡張することで得ることができる情報技術といったところでしょう。

ここ最近急激にARという言葉を聞くようになった背景には、スマートフォンやタブレットのようなモバイルデバイスが一般消費者に広まったことが大いに関係しています。このモバイルデバイスは、持ち歩くことができ、常に行動をともにしているためにARを実現可能にするためには最適な道具なのです。

ARの技術的な視点から見ても、モバイルデバイスに搭載されるカメラの高性能化が大きく貢献しています。デバイスそのものの性能も非常に高度化しており、このこともARを身近なものにしています。さらにはAndroidのようなオープンソースのプラットフォームの存在もARをデバイスの機能とリンクさせるような機能を開発するために一役買っています。こうしたことからも、いまARという技術の存在が非常に注目されています。

では、ARはどのように現実世界にもたらされているのか、技術的な面から説明しましょう。

1.ロケーションベースAR

これはGPSなどの位置情報に紐づけて情報を表示するものです。さらには位置情報だけにとどまらず、デバイスに搭載されている磁気センサーで情報を見ようとしている人の向きを把握したり、加速度センサーによって見ている人の角度を把握して情報を掲示する場所を決定しています。

ロケーションベースARのメリットは、現状デバイスに搭載されている各センサーで位置、方向、角度と言った情報の取得が容易に行えることにあります。デメリットとしてはまず基本となる位置情報の取得がGPSに依存しており、GPSの誤差によって表示できる情報にもズレが発生することが起こります。もちろん年々この位置情報のズレは減ってきていますので、この誤差は少なくなってきてはいます。ですが、完全に0にするのはまだ困難とも言えます。ここは技術の成長に期待と言ったところでしょう。

2.ビジョンベースAR

これは、画像認識や空間認識を使って情報を表示するものです。このビジョンベースARはさらに2つに分類することができます。

マーカー型ビジョンベースAR

一つは「マーカー型」と呼ばれるもので、マーカーを読み取ることで付加情報を表示する位置を特定するものです。 マーカー型ARを実現するためには、認識したマーカーが特定の付加情報を表示する機能をもったライブラリやエンジンを使うのが一般的となっています。マーカーのパターンはこのライブラリに依存する形になります。

こちらのメリットはマーカーを置くだけで表示したいところに付加情報を表示できるので位置情報に左右されない正確性があります。またOSSのライブラリが公開されているので技術的にも取り組みしやすいということです。デメリットとしてはマーカーを別途用意する必要があり、そのマーカーを現実世界の表示したい場所に持っていくことが必要となります。表示したい情報がある環境などに左右されやすいことは悩みの種になるかもしれません。

マーカーレス型ビジョンベースAR

もう一つは「マーカーレス型」と言い、現実世界にある物体や、その環境そのものを空間認識し付加情報を表示します。

メリットはマーカーも必要なく、場所を選ぶこともないため付加情報の表示に困らないことにあります。一方でデメリットとしては空間認識や物体認識のための計算量が膨大になり、ハードウェアのスペックとしてはある程度ハイスペックなものが必要となります。 また空間認識や物体認識の専門知識が必要なこともハードルが高くなっています。

まとめ

ARについて基礎的な部分をまとめてみました。今でも名刺にマーカーを印刷して交換している方をたまに見かけることもありますね。今後さらに開発が進むと、広告やよりエンターテインメント性の高いARの活用方法が出てくるのではないかと思います。


お急ぎのアプリ開発でも対応いたします。まずはお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)

おすすめ記事

お急ぎのアプリ開発でも対応いたします。まずはお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)

開発の流れ

アプリ開発の目的共有、スケジュール、コスト感の合意

アプリ開発の目的共有、スケジュール、コスト感の合意

お客様の現状課題やご要望をヒアリングし、開発の目的を共有いたします。その上でスケジュールや費用のお見積りをして、プロジェクト開始となります。

アプリの要件定義、基本設計

アプリの要件定義、基本設計

アプリの基本的な設計を行います。サーバの有無など必要なハードウェア構成など全体の大枠も決定されます。また、アプリに対してもだいたいの画面数など構成の概要を決定していきます。

UI/UX、デザイン、画面設計

UI/UX、デザイン、画面設計

基本設計で決定された画面に詳細な動作やレイアウトなどを設計します。ボタンタップ時やフリック時などの入力に対する動作や表示項目などはこのフェーズで決定されます。アニメーション効果なども含めてユーザが画面から得る情報の全てはこのフェーズで決定されます。

詳細設計と開発

詳細設計と開発

基本設計やUI/UX、デザインに基づき詳細設計と開発を開始します。サーバサイドとの連携手順やデータベース設計などもこのフェーズに含まれますので、案件によっては様々な技術者が招集され実際の開発が進んで行きます。

テスト/デバッグ

テスト/デバッグ

要件定義、基本設計や詳細設計などで定義されたご要望の内容が正しく実装されているかを、試験仕様書に基づいて実施いたします。バグが存在すれば修正し、品質がリリース基準を満たすまでデバッグを行います。

アプリ審査/リリース

アプリ審査/リリース

テスト完了後、お客様のリリース承認をいただきましたら、アプリ審査申請を代行いたします。申請の際に必要な入力項目についても、弊社で対応いたします。申請後、アプリがストアで公開されるまで責任を持って対応いたします。

運用開始

運用開始

リリース後もバグ修正やOSバージョンアップなどによるアプリ修正などを対応します。なお、保守方法はご契約時に合意した内容に準じます。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)
PC版スマホ版