ページトップへ

iPhone、Androidのアプリ開発会社に委託するならユニークビジョン

UNIQUE VISION 企業と消費者をつなぐ

スマートフォン(スマホ)アプリ開発コラム

スマートフォン(スマホ)アプリ開発コラムトップへ

校内LAN整備率全国1位!岐阜県のハイレベルなIT教育事情

2014年の12月、岐阜県の男子高生ら6人がスマートフォンから自動的に110番通報するウイルスを作成し、SNSの「LINE」で拡散したとして不正指令電磁的記録作成の疑いで書類送検されました。

まったくもって褒められた話ではないのですが、高校生がウイルスを作ってしまうなんて…と驚いてしまうところです。調べてみると岐阜県は国内でもトップクラスのIT教育を行っていることが明らかになってきましたので、まとめてみました。

岐阜県の校内LAN整備率全国1位

こんなランキングがあることも驚きですが、2014年の調査では岐阜県の校内LAN整備率は全国平均85.6%に対して97.4%とほぼすべての教室にLANが整備されているという結果が出ています。生徒数に対するコンピュータ保有数は佐賀県が1位になっていますが、この背景にはパソコンからタブレットに移行しているということです。

美濃加茂市では、市内の全小・中学校のパソコン教室撤廃を推進しており、毎年2校ずつPC用教室を廃止し、その代わりにタブレットを使用する取り組みを進めています。また県立高校でも学校ごとに数十台単位でのタブレット導入を進めているようです。

岐阜市では、市内の小・中学校で2013年度に4~5億円もの予算をかけて、教室に設置したデジタルテレビ約2000台を電子黒板として活用し、デジタル教科書の導入も進めています。また教わる生徒だけでなく、教える教員側のスキルアップについても若手教員が「ICT教育研究グループ」を立ち上げて電子黒板の使い方などの教育を続けています。

授業内容もIT化

使う教材がIT化であれば、授業内容もそれを活かした授業が行われているようです。

白川郷のある小学校では一年生の図工の授業で、「タブレットのペイントアプリでお絵かき、作品を電子黒板で発表」という現代的な授業が展開されています。中学校では二年生を大賞にタブレットPCで「タブレットを使って、ラディッシュの観察記録をつくろう」という授業が行われており、カメラアプリを使った観察日記を作っているようです。

岐阜県の商業高校ではiPhoneアプリの開発講座が2年生、3年生を対象に定期開催されており実際にリリースすることを目的に、実務的なプログラミングに取り組むという次世代のアプリ開発者を育てる試みも行われています。

まとめ

この知識や経験を犯罪目的に使ってしまうのは悲しい出来事ではありますが、市町村単位ではなく岐阜県が率先して教育のIT化を推し進めているということは日本でもなかなか珍しいのかもしれません。岐阜県につづいて佐賀県でも同様に教育のIT化が進められているようです。


お急ぎのアプリ開発でも対応いたします。まずはお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)

おすすめ記事

お急ぎのアプリ開発でも対応いたします。まずはお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)

開発の流れ

アプリ開発の目的共有、スケジュール、コスト感の合意

アプリ開発の目的共有、スケジュール、コスト感の合意

お客様の現状課題やご要望をヒアリングし、開発の目的を共有いたします。その上でスケジュールや費用のお見積りをして、プロジェクト開始となります。

アプリの要件定義、基本設計

アプリの要件定義、基本設計

アプリの基本的な設計を行います。サーバの有無など必要なハードウェア構成など全体の大枠も決定されます。また、アプリに対してもだいたいの画面数など構成の概要を決定していきます。

UI/UX、デザイン、画面設計

UI/UX、デザイン、画面設計

基本設計で決定された画面に詳細な動作やレイアウトなどを設計します。ボタンタップ時やフリック時などの入力に対する動作や表示項目などはこのフェーズで決定されます。アニメーション効果なども含めてユーザが画面から得る情報の全てはこのフェーズで決定されます。

詳細設計と開発

詳細設計と開発

基本設計やUI/UX、デザインに基づき詳細設計と開発を開始します。サーバサイドとの連携手順やデータベース設計などもこのフェーズに含まれますので、案件によっては様々な技術者が招集され実際の開発が進んで行きます。

テスト/デバッグ

テスト/デバッグ

要件定義、基本設計や詳細設計などで定義されたご要望の内容が正しく実装されているかを、試験仕様書に基づいて実施いたします。バグが存在すれば修正し、品質がリリース基準を満たすまでデバッグを行います。

アプリ審査/リリース

アプリ審査/リリース

テスト完了後、お客様のリリース承認をいただきましたら、アプリ審査申請を代行いたします。申請の際に必要な入力項目についても、弊社で対応いたします。申請後、アプリがストアで公開されるまで責任を持って対応いたします。

運用開始

運用開始

リリース後もバグ修正やOSバージョンアップなどによるアプリ修正などを対応します。なお、保守方法はご契約時に合意した内容に準じます。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)
PC版スマホ版