ページトップへ

iPhone、Androidのアプリ開発会社に委託するならユニークビジョン

UNIQUE VISION 企業と消費者をつなぐ

スマートフォン(スマホ)アプリ開発コラム

スマートフォン(スマホ)アプリ開発コラムトップへ

Windows環境で動くAndroidエミュレーターをまとめてみた

Androidアプリの開発に限った話ではないですが、作ったアプリが実際に動くのかどうかを確かめることが絶対に必要です。万が一動かないアプリを発表してしまえばユーザーの信頼を取り戻すのは非常に難しいです。かといって、多くの端末と契約をするのも非現実的な話です。そこで大いに役立つのがエミュレーターの存在です。

今回はAndroidアプリの開発用、デバッグ用に使いやすいWindows環境で動くエミュレーターをまとめてみました。

1. Eclipse

特徴

エミュレーターといえば「Eclipse」を使うのが基本と言われています。想定している端末の画面の大きさやSDカードの容量なども自由に設定できるので、構築環境でそのままエミュレートできる「Eclipse」は使いやすいエミュレーターの一つと言えるでしょう。

デメリット

「Eclipse」は起動が遅く、必要マシンのスペックも高いものが要求されています。

2. BlueStacks

特徴

いつもAndroidユーザーが端末を使っている感覚と同じ感覚で操作できるので使用方法で悩むことはほぼないと思います。アプリのインストールも「Google Play」からインストールすることができます。

デメリット

フリーソフトではありますが、フリー版は起動するたびに有料アカウントにするか、スポンサーのアプリをインストールするのかを選択する形になっています。またランチャー系のアプリに関しては画面がブラックアウトしてしまい操作できなくなります。ゲーム系アプリもチート対策として「BlueStacks」で動かないようにしてあります。

3. Windroy

特徴

インストールするだけで使えるという気軽さは嬉しいところです。起動するとフルスクリーンでロック画面が表示されます。マウスカーソルが指方に変わって、左クリックが画面のタッチしたことになるという仕組みになっていますので、ここから先はいつものAndroid端末と一緒です。

デメリット

「Google Play」の利用ができないため、アプリを使う際は「Wndroy」のインストールフォルダ以下にある“\windroy_root\data\app”フォルダにAPKファイルを保存することで一部のアプリがインストール可能となります。

4. Genymotion

特徴

AndroidのOSの種類を選べたり、端末を選べたりと端末の環境を選べるので端末ごとにシミュレートすることができます。またGPSを使ったアプリでも位置情報、高度までシミュレートできるので非常に便利です。そして何よりも動きがサクサクしているので、使っていてもストレスが少ないことが最大の特徴です。

デメリット

内部で仮想化ソフト「VitualBox」を使っているので、それも合わせてインストールすることになります。またバッテリー消費が激しいとのことですので、デスクトップ以外の環境ですと気軽に使えないかもしれません。

<参考記事>
Genymotionのインストールについては、こちらにまとめました。
Genymotionのインストールとデバイス登録方法

5. Andy

特徴

フリーソフトであるにも関わらず、非常に多くの機能を有しています。Android UIやローカルファイルへのアクセスなど競合アプリでは有料版もしくは提供されていない機能がすでに搭載されています。

デメリット

「Andy」も仮想化ソフト「VitualBox」を使います。また「handyandy」というソフトがタスクトレイに常駐してしまいます。使い道はよくわからず、スタートアップにも登録されてしまうのでパソコン起動時に毎回起動します。消してしまっても不具合の報告はないので問題ないかと思います。


お急ぎのアプリ開発でも対応いたします。まずはお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)

おすすめ記事

お急ぎのアプリ開発でも対応いたします。まずはお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)

開発の流れ

アプリ開発の目的共有、スケジュール、コスト感の合意

アプリ開発の目的共有、スケジュール、コスト感の合意

お客様の現状課題やご要望をヒアリングし、開発の目的を共有いたします。その上でスケジュールや費用のお見積りをして、プロジェクト開始となります。

アプリの要件定義、基本設計

アプリの要件定義、基本設計

アプリの基本的な設計を行います。サーバの有無など必要なハードウェア構成など全体の大枠も決定されます。また、アプリに対してもだいたいの画面数など構成の概要を決定していきます。

UI/UX、デザイン、画面設計

UI/UX、デザイン、画面設計

基本設計で決定された画面に詳細な動作やレイアウトなどを設計します。ボタンタップ時やフリック時などの入力に対する動作や表示項目などはこのフェーズで決定されます。アニメーション効果なども含めてユーザが画面から得る情報の全てはこのフェーズで決定されます。

詳細設計と開発

詳細設計と開発

基本設計やUI/UX、デザインに基づき詳細設計と開発を開始します。サーバサイドとの連携手順やデータベース設計などもこのフェーズに含まれますので、案件によっては様々な技術者が招集され実際の開発が進んで行きます。

テスト/デバッグ

テスト/デバッグ

要件定義、基本設計や詳細設計などで定義されたご要望の内容が正しく実装されているかを、試験仕様書に基づいて実施いたします。バグが存在すれば修正し、品質がリリース基準を満たすまでデバッグを行います。

アプリ審査/リリース

アプリ審査/リリース

テスト完了後、お客様のリリース承認をいただきましたら、アプリ審査申請を代行いたします。申請の際に必要な入力項目についても、弊社で対応いたします。申請後、アプリがストアで公開されるまで責任を持って対応いたします。

運用開始

運用開始

リリース後もバグ修正やOSバージョンアップなどによるアプリ修正などを対応します。なお、保守方法はご契約時に合意した内容に準じます。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)
PC版スマホ版