ページトップへ

iOS、Androidのシェア

UNIQUE VISION 企業と消費者をつなぐ

スマートフォン(スマホ)アプリ開発コラム

スマートフォン(スマホ)アプリ開発コラムトップへ

iOS、Androidのシェア

ios_android_share

開発やお客様への提案の際に必要になることが多いので、まず最初のアプリコラムはOS別のシェアとバージョン別のシェアについて調査してみました。今回は世界でのシェアを対象としました。予想はしていましたが、世界では圧倒的に強いAndroidです。そのシェア84.7%、驚愕の数字です。日本での数字が気になるところですが、それは次回のコラムにすることにします。一方、iOSは11.7%、世界では1割程度のシェアしかありません。世界では全くもって野党のiOSです。

Version Codename API Distribution
2.2 Froyo 8 1.1%
2.3.3~2.3.7 Gingerbread 10 17.8%
3.2 Honeycomb 13 0.1%
4.0.3~4.0.4 Ice Cream Sandwich 15 14.3%
4.1.x Jelly Bean 16 34.4%
4.2.x Jelly Bean 17 18.1%
4.3 Jelly Bean 18 8.9%
4.4 KitKat 19 5.3%

OS別のシェアが分かったので、次はAndroidのバージョン別シェアを見て行く事にしましょう。AndroidのシェアはGoogleが毎月公開しています。2014年9月でのシェアは表の通りです。Version4(API15)以上で81%のシェアです。新規に開発する時にはGingerBreadをどうするかで意見が分かれるところなりそうです。なお、弊社のアプリサービスBelugaAppsはVersion4以上を対象としました。もちろん受託で開発する場合はお客様の要望に応じて調整する方針なのですが、サービスの場合、なるべく低コストで提供できる内容が大きい事を最優先としたためです。開発者の皆様はシェアとAPIレベルでの提供内容を天秤にかける事になりそうです。

iOS Usage Chart

最後にiOSのシェアです。先日、2014年10月にiPad Air 2、iPad mini 3が発表された際のキーノートスピーチでもすでに半分近くのユーザがiOS8をインストールし、バージョンの移行が速やかに行われていると、ティムクック氏が語っていました。2014年10月13日でのシェアではiOS8が48%、iOS7が47%で8と7でほぼ半分ずつです。iOS6以前は6%程度で、開発者ならもう対応はiOS7以上としたくなるシェア構図です。Androidと同様な理由に加えてiOS6以前のシェア比が低いためにBelugaAppsはiOS7以上への対応としました。もちろんiOSも受託開発の場合はご要望に応じた開発をいたします。総じてAndroid、iOS共に対応するOSのバージョンは利用する人の範囲やサービス内容、価格帯に応じて方針を決定する必要がありそうです。



OS別のシェア
www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS25037214

Androidシェア
developer.android.com/about/dashboards/index.html

iOSシェア
developer.apple.com/support/appstore/

白土`良之

お急ぎのアプリ開発でも対応いたします。まずはお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)

おすすめ記事

お急ぎのアプリ開発でも対応いたします。まずはお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)

開発の流れ

アプリ開発の目的共有、スケジュール、コスト感の合意

アプリ開発の目的共有、スケジュール、コスト感の合意

お客様の現状課題やご要望をヒアリングし、開発の目的を共有いたします。その上でスケジュールや費用のお見積りをして、プロジェクト開始となります。

アプリの要件定義、基本設計

アプリの要件定義、基本設計

アプリの基本的な設計を行います。サーバの有無など必要なハードウェア構成など全体の大枠も決定されます。また、アプリに対してもだいたいの画面数など構成の概要を決定していきます。

UI/UX、デザイン、画面設計

UI/UX、デザイン、画面設計

基本設計で決定された画面に詳細な動作やレイアウトなどを設計します。ボタンタップ時やフリック時などの入力に対する動作や表示項目などはこのフェーズで決定されます。アニメーション効果なども含めてユーザが画面から得る情報の全てはこのフェーズで決定されます。

詳細設計と開発

詳細設計と開発

基本設計やUI/UX、デザインに基づき詳細設計と開発を開始します。サーバサイドとの連携手順やデータベース設計などもこのフェーズに含まれますので、案件によっては様々な技術者が招集され実際の開発が進んで行きます。

テスト/デバッグ

テスト/デバッグ

要件定義、基本設計や詳細設計などで定義されたご要望の内容が正しく実装されているかを、試験仕様書に基づいて実施いたします。バグが存在すれば修正し、品質がリリース基準を満たすまでデバッグを行います。

アプリ審査/リリース

アプリ審査/リリース

テスト完了後、お客様のリリース承認をいただきましたら、アプリ審査申請を代行いたします。申請の際に必要な入力項目についても、弊社で対応いたします。申請後、アプリがストアで公開されるまで責任を持って対応いたします。

運用開始

運用開始

リリース後もバグ修正やOSバージョンアップなどによるアプリ修正などを対応します。なお、保守方法はご契約時に合意した内容に準じます。

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら
03-6434-9993
月~金(10:00~18:00)
PC版スマホ版